つめもの・かぶせもの治療とは

審美歯科

むし歯や歯が欠けてしまった場合はそのままにしておくとむし歯が大きくなるので、インレーといわれる詰め物やクラウンといわれる被せをします。 保険の場合は、安価で作る事が可能ですが審美性や耐久性に問題があります。しかし自費診療になると、患者様のニーズに応じて幅広く選ぶ事が可能です。 詰め物、被せにされる場合は一度カウンセリングを受けることをお勧めします。

クラウン(かぶせもの)

ジルコニアセラミック メタルフリー

ジルコニア

金属を使わずジルコニアの上にセラミックを盛り付けたもので 自然な色合いと形を再現し、永年使用にも変色せず天然歯の美しさを保ちます。土台の部分は金属(保険)でも大丈夫ですが、より自然さを目指すのであればファイバーコア(自費)をおすすめします。

メタルボンド

ジルコニア

金属の上にセラミックを焼き付けたもので、強度に優れ保険のプラスチックと異なり、磨り減らず、変色もありません。

ジルライト

ジルライト

人工ダイヤモンドにも使用されている強度のある材料をコンピューターで削りだしていきます。自費診療の中では比較的安価ですが、色味が4種類と限られています。

ゴールド

ゴールドクラウン

ゴールド(金合金)はしなやかで歯との適合性がよく、天然歯に近い硬さなので、かみ合う歯を傷めません。かむ力が強い奥歯での使用に適しています。また、歯ぐきの黒ずみもありません。

保険のかぶせ

保険診療内で被せていきます。安価でありますが、長年つけていると歯ぐきの変色や耐久性にも問題が出てくる事があります。

ファイバーコア

ファイバーコア

ファイバーコアは、FRC(ガラス繊維強化樹脂)という支柱(ポスト)を入れることによって、レジンコアの強度を改善する目的で開発された土台(コア)です。

クラウンの料金はこちら

クラウン治療の体験談はこちらをご覧ください

インレー(つめもの)

ハイブリッド

ハイブリッドインレー

従来アマルガムや金属が使用されてきましたが、黒く目立ち、見た目にはよくありませんでした。セラミックを使用することにより、治療箇所が目立たず、非常に健康的にも審美的にもよく見えます。

ゴールド

ゴールドインレー

ゴールド(金合金)はしなやかで歯との適合性がよく、天然歯に近い硬さなので、かみ合う歯を傷めません。かむ力が強い奥歯での使用に適していますが、審美面では目立ちます。

保険のインレー

保険診療内で作っていくことができる詰め物です。安価ですが、審美面や二次的なむし歯ができることがあります。

インレーの料金はこちら

インレー治療の体験談はこちらをご覧ください

ラミネートベニア

歯の色がくすんでいたり、ケガなどで歯の一部が欠けたりの悩みには、セラミックの薄片を貼り合わせることで解決します。天然歯の形、健康的な色つやに再現します。

ラミネートベニアの料金はこちら