無痛治療について

無痛治療って何?

*

「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心の強いお子様だけでなく大人でも歯科治療に対しては「嫌だな」と思われている方が多いようです。

当院では、患者さまの希望にそって、「表面麻酔薬」「最も細い注射針」や「電動注射器」などを使用して、患者さまにとってできる限り痛みの少ない治療を行っています。

無痛治療に使用する機器

電動麻酔注射器 炭酸ガスレーザー
電動麻酔注射器 レーザー
最細の針を使い、電動で少しずつ薬液をおくることにより、従来の注射より痛みが軽減されます。 炭酸ガスレーザーを使ってむし歯予防や歯周病の治療をします。

無痛治療の手順

STEP1 表面麻酔

無痛治療を行うために、表面麻酔薬ビーゾカインゼリーをまず麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。
表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みをやわらげるようにします。

STEP2 麻酔薬を適温に温める

無痛治療を行うために、麻酔薬の液が冷たいと体内との温度差により体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じてしまいます。
当院では、麻酔液をカプリという麻酔液ウォーマーで体温近く、もっとも痛みを感じにくい37度に温めています。

STEP3 細い針を使用する

もりかわ歯科では無痛治療を行うために31~33Gという最も細いサイズの注射針を使用しています。

STEP4 電動麻酔注射器

無痛治療を行うには、麻酔薬を一定の速度でゆっくりと打たなければいけません。
当院では無痛治療を行うため電動麻酔注射器を使用しています。

レーザーによる無痛治療

レーザーによる無痛治療

今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは痛みを和らげ、「抜くこと」や「削ること」を最小限にします。

レーザーは歯ぐきなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく、むし歯になりにくくしたり、むし歯になってしまったら必要最低限の除去治療ができるほか、歯を白くするなどの特別な処置にも使われます。

患者さまにやさしいレーザー治療

  • 1回のレーザー治療は短時間で終わります。
  • 症状によっては少々の麻酔をかけてレーザーを照射します。
  • レーザー治療は、出血もほとんどなく、傷あとも残りにくいほか、治りも早くなり、治療後の痛みもほとんどありません。

レーザーによる治療の種類

むし歯予防と治療

歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは歯ブラシだけでは取り除くのはむずかしいものです。
レーザーは、ハブラシが届かないところでも、熱エネルギーでむし歯の原因となるむし歯菌をやっつけます。しかも、レーザーによって歯が強くなり、むし歯になりにくくなるほか、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。
むし歯の程度によってはレーザー治療のみでむし歯の進行を止めたり、除去することもできます。

歯周病

歯周病は歯ぐきから血が出たり口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。
レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、膿が自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。
ブラッシング指導・歯石除去などの歯周病治療と併行してレーザー治療を行ないます。

知覚過敏

歯の表面を封鎖し、しみる度合いを軽くします。
レーザー照射により高い確率で知覚過敏が消失します。

口内炎の治療

レーザー照射により、痛みを早くとり、組織の治りを早くします。

歯ぐきの黒ずみ

黒い歯肉をレーザー照射によりピンクの歯肉にします。
数回のレーザー照射にて変色が減少します。

トップへ戻る
Copyright(c) 2016 大阪府八尾市の歯医者ならもりかわ歯科八尾本町診療所. All Rights Reserved.