3-MIX法

3-MIX法~3種類の抗菌剤を使ってバイ菌を殺す方法~

3-MIX法とは、むし歯に侵された部分を最小限削ったあとに、安全な3種類の抗菌剤を混ぜて作った薬を塗ってバイ菌を殺す方法です。こうすることで周りのむし歯に侵された疑いのある部分や神経のバイ菌を殺し、歯や神経を守ります。

3-MIX法のメリット

  • 歯を削る量が、これまでの治療より少なくてすむ。
  • 神経を残せる可能性が高くなる。
  • 治療を、短期間で終わらせることができる。
  • 難治性の根の病巣でも抜かずに歯を残す事ができる。

3-MIX法のデメリット

  • 様々な薬剤アレルギーがある方には適用できない。
  • 進行しきったむし歯の場合は従来通り神経を除去する必要がある。
  • 治療費が高くなることがある。

治療後に一時的に痛むことがあります

治療後に、治療の刺激や薬の効果で痛むことがあります。
痛みが少しずつ軽くなるときは、痛みは治るまでの一時的なものです。
痛み止めを飲んで様子をみましょう。徐々に痛みが弱まるようなら大丈夫です。

治療後も痛みがひどいとき

3-MIX法

痛みがひどく痛み止めを飲んでも弱くならないときは、抗菌剤が効かず歯髄をきれいに除去しなければならないかもしれません。お早目にご相談下さい。
また、しばらく経ってから歯髄が死んでしまうこともありますので、経過観察が重要です。

予防歯科についてPMTC|3-MIX法|唾液検査フッ素塗布シーラント

トップへ戻る
Copyright(c) 2016 大阪府八尾市の歯医者ならもりかわ歯科八尾本町診療所. All Rights Reserved.