できるだけ痛みの少ない治療について

できるだけ痛みの少ない治療って何?

「歯の治療は嫌い」と思われている方はかなり多いと思います。恐怖心の強いお子様だけでなく大人でも歯科治療に対しては「嫌だな」と思われている方が多いようです。 当院では、患者さまの希望にそって、「表面麻酔薬」「最も細い注射針」や「電動注射器」などを使用して、患者さまにとってできる限り痛みの少ない治療を行っています。

できるだけ痛みの少ない治療に使用する機器

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器


最細の針を使い、電動で少しずつ薬液をおくることにより、
従来の注射より痛みが軽減されます。

できるだけ痛みの少ない治療の手順

1)表面麻酔

できるだけ痛みの少ない治療を行うために、表面麻酔薬ビーゾカインゼリーをまず麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みをやわらげるようにします。

2)麻酔薬を適温に温める

できるだけ痛みの少ない治療を行うために、麻酔薬の液が冷たいと体内との温度差により体が麻酔の液が入ってきたと敏感に感じてしまいます。当院では、麻酔液をカプリという麻酔液ウォーマーで体温近く、もっとも痛みを感じにくい37度に温めています。

3)細い針を使用する

もりかわ歯科ではできるだけ痛みの少ない治療を行うために31~33Gという最も細いサイズの注射針を使用しています。

4)電動麻酔注射器

できるだけ痛みの少ない治療を行うには、麻酔薬を一定の速度でゆっくりと打たなければいけません。 当院ではできるだけ痛みの少ない治療を行うため電動麻酔注射器を使用しています。